Top >  周りに相談をしてみる >  強迫性障害だということを家族や知人に相談しましょう

強迫性障害だということを家族や知人に相談しましょう

難しいことかもしれませんが、相談することも大事です


まず、自分が強迫性障害ではないか?

という気持ちが少しでもあり、思い当たる行動や感情があれば、

家族や知人に相談してみることも大切です


また、病院に行って診断されたということであれば、

家族に告白することも大切です


隠してしまう人も多いですが、家族と一緒に暮らしている場合、

症状が酷くなってしまうと、周りの支えも必要になって来ます

協力を求める場合は、『告白』して理解してもらうほうがいいですよね

強迫性障害の【治療法】をお探しの方はこちらをご覧ください
管理人



         

周りに相談をしてみる

自分が強迫性障害だと分かったら、誰かに相談することが大切です

関連エントリー

強迫性障害だということを家族や知人に相談しましょう




強迫性障害との向き合い方メールセミナー 強迫性障害の闘病患者が教える強迫性障害との向き合い方・対処法講座
【名字】
【メールアドレス】






Yahoo!ブックマークに登録