Top >  研究によって分かったこと >  強迫性障害と脳機能障害の関係性

強迫性障害と脳機能障害の関係性

脳の前頭葉皮質から、基底核視床というところへの

回路に機能障害があり、

それが強迫性障害に関係しているのでは?と言われています


強迫観念、強迫行為は、常に起きているわけでは無く、

突然起きたりするものなので、その間に糖代謝が異常に上がり、

流れる血液の量が増えてしまう症候群だとも言われています


ですが、直接的な何が原因で

脳にどんな障害が起きているということは未だに分かってはいません

強迫性障害の【治療法】をお探しの方はこちらをご覧ください
管理人



         

研究によって分かったこと

強迫性障害について、
今までの研究で分かって来たことの一つとして脳の異常が上げられます
どんなことが分かったのでしょうか?

関連エントリー

強迫性障害と脳機能障害の関係性




強迫性障害との向き合い方メールセミナー 強迫性障害の闘病患者が教える強迫性障害との向き合い方・対処法講座
【名字】
【メールアドレス】






Yahoo!ブックマークに登録