Top >  今後どうなるの? >  強迫性障害の治療法は今後どうなるのか?

強迫性障害の治療法は今後どうなるのか?

強迫性障害を軽くするための治療は無いのでしょうか?


強迫性障害を抱えている人は、薬物治療をしている人が多いです

しかし、病院によっては、

強迫性障害を良くしようと『作業治療』も行われています


作業治療は、ある一定の期間を設けて毎日病院に通院してもらいます


そして、不潔強迫のある人は、トイレに近づくことから始め、

便器に触り、便器の中の水に手を入れます

そして、トイレの床に自分の荷物を置きます


不潔強迫のある人、トイレに近づくことも、

不潔だと感じるので、少しずつ始めていきます


とてつもない恐怖に駆られてしまうので、突然泣き出す患者もいます


確認行為のある人は、まず自分の持ち物を病院中に置きます


そして、自分の物が自分の身近になくても、

気にしないようになるまで、少しずつ治療をしていきます


最初は、自分の物がどこかに

無くなってしまっていないか、不安になります

不安から確認をしに行きたくなってしまいます


しかしながら、作業治療はショック療法に近いので

作業治療で良くなる患者もいれば、

あまり改善が見られない患者もいます


医師と相談して取り組みましょう

強迫性障害の【治療法】をお探しの方はこちらをご覧ください
管理人



         

今後どうなるの?

発症たらどうすればいいのか?今後も悪くなっていくのか?
少しでも良くなる治療方法は無いのか?患者は、とても不安に思っています。。。

関連エントリー

強迫性障害が進行すると?
強迫性障害の治療法は今後どうなるのか?




強迫性障害との向き合い方メールセミナー 強迫性障害の闘病患者が教える強迫性障害との向き合い方・対処法講座
【名字】
【メールアドレス】






Yahoo!ブックマークに登録