Top >  強迫症状の種類 >  被害恐怖と自殺恐怖とは?

被害恐怖と自殺恐怖とは?

まず、被害恐怖とは何か、見てみましょう


被害恐怖とは、自分自身に害を与えないか

という観念から起こる恐怖です


例えば、自分で自分の目を傷付けないか?を

異常に恐れてしまいます


特に、エンピツの先、包丁の先、ハサミの先

など、先の尖がっているものに対して恐怖感を持っています


自分に自分が被害を与えないように、

細心の注意をして、オドオドしてしまいます


自殺恐怖と似ているようですが、自殺恐怖とは違うものです


自殺恐怖とは、自分が自殺してしまうのでは?

という恐怖に襲われることをいいます

強迫性障害の【治療法】をお探しの方はこちらをご覧ください
管理人



         

強迫症状の種類

一般的に起こりやすい、強迫症状を解説します
その人をより理解してあげられるように、1つ1つ特徴などをご確認ください

関連エントリー

不潔強迫とは?
確認行為とは?
加害恐怖とは?
被害恐怖と自殺恐怖とは?
縁起恐怖とは?
不完全恐怖とは?
保存強迫とは?
数唱強迫とは?




強迫性障害との向き合い方メールセミナー 強迫性障害の闘病患者が教える強迫性障害との向き合い方・対処法講座
【名字】
【メールアドレス】






Yahoo!ブックマークに登録