Top >  強迫症状の種類 >  確認行為とは?

確認行為とは?

確認行為とは、別名、『確認強迫』とも言われています


家のカギを閉めたか?ガスを消したか?

これらに対してとてつもない不安、恐怖に襲われてしまい、

確認をしなくてはならないという行為です


どうしても確認をしなくては!という、

どうしようもない気持ちになってしまうので、

どこにいても、不安で仕方なくなってしまいます


もう電車に乗ってしまったけど、

カギを閉めたかな?という気持ちに襲われ、

わざわざ、帰って確認をするということも決して少なくはありません


他には、カバンの中身を何度も確認して、

何か紛失していないかを確かめる行為も、確認行為の1つです


そのため、何をするにも

倍以上の時間が掛かってしまうのです

強迫性障害の【治療法】をお探しの方はこちらをご覧ください
管理人



         

強迫症状の種類

一般的に起こりやすい、強迫症状を解説します
その人をより理解してあげられるように、1つ1つ特徴などをご確認ください

関連エントリー

不潔強迫とは?
確認行為とは?
加害恐怖とは?
被害恐怖と自殺恐怖とは?
縁起恐怖とは?
不完全恐怖とは?
保存強迫とは?
数唱強迫とは?




強迫性障害との向き合い方メールセミナー 強迫性障害の闘病患者が教える強迫性障害との向き合い方・対処法講座
【名字】
【メールアドレス】






Yahoo!ブックマークに登録