Top >  強迫症状とは >  強迫行為とは?

強迫行為とは?

強迫行為は、強迫観念を取り除くために行う行為です


強迫観念があるために、強迫行為をするのですが、

強迫行為をするのは、とても時間がかかります

これも、強迫性障害の特徴です


そして、自分のしている強迫行為に対して、

どうしてこんなことをしているんだ?という

自分自身に対する罪悪感が生まれることがあります


しかし、いくらダメだと思っても、

強迫行為はしなくてはいられません


よって、悪循環が生じ精神的に参ってしまうことがあります


・手を何度も洗う

・入浴時間が長い


・トイレに対する恐怖

・確認行為


が代表的なものして上げられます


手を何度も洗う、入浴時間が長いのは、

自分が汚いのではないか?


あるいは、汚いものに触ってしまったのでは?

という観念から起きる行為です


トイレも同じで、複数の人が使ったものを

不潔で使えないという観念から起こる行為です


近寄ることも、触ることも汚く感じてしまうということもあります


確認行為は、ガスを止めたか?

家を出るときカギを閉めたか?など、


たくさんのことを不安がり、自分で確認しなくては気が

済まないという行為です

強迫性障害の【治療法】をお探しの方はこちらをご覧ください
管理人



         

強迫症状とは

強迫症状を『強迫観念』と『脅迫行為』に分けて解説します

関連エントリー

強迫観念とは?
強迫行為とは?




強迫性障害との向き合い方メールセミナー 強迫性障害の闘病患者が教える強迫性障害との向き合い方・対処法講座
【名字】
【メールアドレス】






Yahoo!ブックマークに登録