Top >  強迫症状とは >  強迫観念とは?

強迫観念とは?

強迫観念とは何かを見ていきましょう


強迫観念は、「出来れば起こらないで欲しい」、

「嫌な事などのイメージが頭から離れない」ということをいいます


分かっていても、嫌なことが頭から離れない

または繰り返しイメージしてしまうということです


・自分を傷付けないか

・他人を傷付けないか


・恐ろしいことが頭から離れない

・汚れや菌が移らないか、異常に怖がる


・大事なものを捨ててしまわないかという恐怖

・病気に関する恐怖

・不吉な数字に対して異常に怖がる


ということが代表的なものです

強迫性障害で無い人には、

「こんなことを考えてるのか?」と思われてしまいがちですが、


強迫性障害の人には、

とても重要で重大なことなのです

強迫性障害の【治療法】をお探しの方はこちらをご覧ください
管理人



         

強迫症状とは

強迫症状を『強迫観念』と『脅迫行為』に分けて解説します

関連エントリー

強迫観念とは?
強迫行為とは?




強迫性障害との向き合い方メールセミナー 強迫性障害の闘病患者が教える強迫性障害との向き合い方・対処法講座
【名字】
【メールアドレス】






Yahoo!ブックマークに登録